ジムニーJB23:ステアリングナックルオイル漏れ修理


ステアリングナックルのオイル漏れとの事で修理のご依頼がありました。
ジムニーのよくある修理の一つです。
ステアリングのシミーやジャダーでも同じ修理を行う事があります。
 
 

タイヤの裏側にベッタリ、グリスとデフオイルが付着しております。
特に大きなガタはありませんでしたが、キングピンベアリングにも影響がありそうです。
 
早速作業に入ります。ブレーキやフリーハブを外します。
 
ハブを取り外します。
今回は、ナックルのオイル漏れですが、ここで一緒にハブベアリングも点検します。
 

 
 
スピンドルケースです。フリーハブのロック・アンロックはエアーの圧力で制御します。
ホースを通じて小さな穴よりエアーが送られてきます。
ここの気密性も重要です、4WDの要になるところです。
 
デフオイルがしっかり入り込んでいます。
 
案の定キングピンベアリングは、ボロボロです。
 
 
グリスやオイルを取り除き、しっかりと綺麗にします。
 

ドライブシャフトにキズがないか点検します。
 
 
今回交換する部品です。
シャフトオイルシール・キングピンベアリングナックルのアウターシールキットです。
 

キングピンベアリングは、上下ともに損傷や摩耗が進んでいました。
 
新しいベアリングは、ベアリンググリスを充填し組み付けていきます。
 
 
綺麗にクリーニングをし、新しいオイルシールやベアリングを組上げます。
 
 
ベアリングのプレロードを確認しながら組上げていきます。
 
スピンドルに異物が付かないようクリーニングしハブを取り付けます。
 
 
今回もWAKO’Sさんのケミカルを使っております。
ベアリンググリス・シリコングリス・液体ガスケット

 
ブレーキを元に戻してひとまず完成です。
裏側もしっかり確認します。
 
 
最後にサイドスリップを通してアライメントの確認をして完成です。

ジムニーJB23:クラッチオーバーホール

クラッチオーバーホールをするためにトランスミッションを車両から取り外します。
 
レリーズベアリングの新旧比較です。交換した部品には摩耗が見られました。
 
 
レリーズベアリングも同時に交換します。
摺動部を清掃し新しいレリーズベアリングを組み付けます。
手前にあるのが交換済みのレリーズベアリングです。
これが傷むとクラッチペダルを踏んだ時に「シャー」といった異音が出ます。
 
 
 
こちらは新旧のクラッチディスクとカバーです。
(手前がディスク、奥がカバー)ディスクのフェーシングがやはり摩耗しておりました。
 

 
パイロットベアリングの交換と
リアクランク後側のオイルシール点検のためフライホイールを取り外しました。
オイルシールは良好と判断しましたので今回は交換しませんでした。
 
 
これが取り外したフライホイールです。
中央部にあるのがパイロットベアリングです。
トランスミッションのインプットシャフトを支えています。
写真はパイロットベアリング交換後です。
 
フライホイールを取付けます。
エンジン回転数と同じ回転数で回っていますので確実な締めつけが必要です。
メーカーから締め付け強さ(トルク)が指定されています。
JB23Wでは69Nm700kgfcm]となっています。
トルクレンチを用いて締め付けます。
クラッチディスク、カバーを組み付けします。
今回はミッション後部のオイルシールも交換しました。
手で持っているものが取り外したオイルシールです。
オイルシールの類は取り外しの際に変形してしまいます。

画像にはありませんがジムニーのクラッチは油圧ではなくワイヤーを使用しています。

ワイヤーも伸びてしまったり動きがスムーズでなかったりする車両もあります。

その場合はあわせて交換することをオススメします。
また、ワイヤーを使用している車種は定期的に調整が必要です。(=クラッチ遊び調整)


ジムニーJB23:エンジンオイル漏れ(フロントカバー漏れ)

ジムニーK6Aエンジンのオイル漏れ修理です。
ウォーターポンプの裏側、フロントカバーーとシリンダブロックの間からオイルが漏れています。

 
フロントカバーを外すには、シリンダヘッドカバー、エンジンオイルパン、ウォーターポンプ等を
外さなければいけません。

今までのオイル管理がよくなかったのか、エンジン内部にスラッジが多く見られます。

フロントカバーを外したついでにクランクシャフトオイルシールを交換します。
 
当たり面をキレイに清掃します。
 

オイルストレーナのOリングも一緒に交換します。カチカチに硬化していました。
 
 
液体ガスケットを塗布してフロントカバーを取付けます。
後はオイルパン、ヘッドカバー等を新しいパッキンにて取り付け、試乗、確認をして完成です。


ジムニーJB23:エキゾーストマニホールド交換

異音がするということで入庫しましたJB23 3型です。
 
故障探究の結果エキゾーストマニホールドとターボの周囲からの異音だと判明しました。
 

エンジンを熱々に暖気してボルトが緩みやすいようにします。
エキゾースト廻りのボルト類は高温に晒されるため錆びて焼き付いてしまっています。
常温では緩みにくいので熱いうちに素早く緩めます。
  
 
エキゾーストパイプを外していきます。


エキゾーストパイプ、触媒コンバータが外れました。
 
 
エキゾーストパイプとターボの間に入っていたガスケットです。 
ボルトの緩みによって赤丸の一部が欠けてなくなってしまっています。
この隙間が排気の際に笛のような役割をして異音がしていたと考えられます。
 
 
エンジンの周りの冷却水のホースを外す為、冷却水を抜きながら作業を続けます。


 
エキゾーストマニホールドとターボを止めているボルトを外していきます。
 
 
エキゾーストマニホールドとターボを外す際に邪魔になるホース等を外して 
知恵の輪のようにターボを取り出します。
 
 
外したターボです。 奥に過給用のフィンが見えます。
 
 
写真だと分かりづらいかもしれませんが6本でエンジンに止められています。
 
 
取り外したエキゾーストマニホールドと新品のエキゾーストマニホールドです。
  
取り外したエキゾーストマニホールドはターボ側にヒビが入ってしまっていました。
異音の一番の要因はここだと思われます。
 
エキゾーストマニホールドの割れていた所の近くは煤けて黒くなってしまっています。

エンジンにスタッドボルトを取り付けます。

エキゾーストマニホールドを取り付けます。

ターボを取り付けます。 
このあたりのネジは緩みやすいためしっかりと締め付けます。 
ただ闇雲に締めすぎるとネジ山がダメになってしまうため規定トルクで。
 
エキゾーストパイプとホース類を取り付けていきます。
ホースは本数が多いのでつなぎ間違いやつなぎ忘れに気を付けます。
最後に抜いた冷却水を補充しエア抜きをすれば完成です。




ジムニーJB23: リヤアクスルシャフト オイルシール交換

TA-JB23W ジムニーのリヤドラムブレーキ内オイル漏れ車両の入庫です。


元はエンジンオイルの交換で来店されたお客様でしたが、
オイル交換の際にオイル漏れを発見することができたので、後日修理させて頂きました。
車をリフトアップして下からのぞくと、ドラムブレーキのあたりが何やらベトベトになっています。
 













 



故障箇所は、ホイールシリンダからのブレーキフルード漏れ、
あるいはアクスルシャフトからのデフオイル漏れのどちらかが予想できます。
実際にタイヤとドラムを外して点検してみると、今回は後者のようです。


 
 ジムニーではさほど珍しくはない故障個所ではないでしょうか。
ここのオイルシールを交換する為には、バックプレートごとアクスルシャフトを引き抜きます。
 
問題のオイルシールを交換します。
オイルシールが斜めになったり、リップ部を傷付けたりしないよう、慎重に打ち込みます。
 
 
 取付け面を清掃してから液体パッキンを塗布してバックプレートを元に戻します。
デフオイルがドラム内部に流入してから結構な距離を走ってしまったようで、
ブレーキシューにオイルがしみ込んでしまっています。
これでは正常な制動力を出すことは出来ず、ブレーキの片効きとなっていた事でしょう。
残量は8割程度ありましたが、ブレーキシューは基本的に左右同時交換ですので漏れていなかった方のシューも一緒に交換します。

 
 
右側がオイルが付着して使えなくなったブレーキシューです。
最後に忘れずドラムとライニングの隙間の調整とエア抜きを行って終了です
 

今回はブレーキまわりということで、大事に至る前に発見、修理できてよかったと思います。
ありがとうございました。

ジムニーJB23:偏心ブッシュ


ジムニーの偏芯ブッシュの交換をします。 
車高を上げると前輪のキャスター角が減少して直進安定性が低下しハンドリングに
影響を与えてしまいます。


リーディングアームを取り外していきます。


取り外したリーディングアームと付け替える偏芯ブッシュです。
今回は前側を交換していきます。一個交換することによってキャスター角が1.5°変化します。
 
 
リーディングアームから元のブッシュをプレスで抜いていきます。


ブッシュを取り外した後です。


偏芯ブッシュを取り付け位置を合わせ圧入していきます。 
左右のリーディングアームを圧入した後ジムニーに取付ければ完成です。





ジムニーJB23:トランスファオイルシール

JB23 のトランスファーオイルシールを交換します。
 
 
 

このようにトランスファーオイルが漏れ出てきてしまっています。



トランスファーを降ろすので先にオイルを抜いておきます。







 
 
 
プロペラシャフトを外していきます。
 

 
 
マウントブッシュと配線を取り外すとトランスファが降りてきます。
 
フランジを外していきます。
 
 
オイルシールを取り外した後です。 奥にボールベアリングが見えます。
 
 
取り外したオイルシールとこれから交換するオイルシールです。
 
 
オイルシールを打ち込んでいきます。
 
オイルシールを打ち込んだらフランジを取り付け 指定トルクで締め付けます。
 
 
最後にナットをカシメます
 
後はトランスファをもとの位置に戻し
 
 
 
プロペラシャフトと配線を取り付ければ完成です。